生活困窮者住居確保給付金

「住居確保給付金事業」とは?

離職者であって就労能力及び就労意欲のある方のうち、
・住宅を喪失している方
・喪失するおそれのある方
を対象として住宅費を支給するとともに、支援員による就労支援等を実施し、住宅及び就労機会の確保に向けた支援を行います。支給額は、単身世帯では月額30,000円、2人世帯では月額36,000円、3人から5人世帯では39,000円、6人世帯では42,000円、7人以上の世帯では47,000円が上限となります。
支給期間:3ヶ月間(一定の条件により3ヶ月間の延長及び再延長が可能)
支給方法:大家等へ代理納付

<住居確保給付金の支給対象者>
申請時に以下の①~⑧のいずれにも該当する方が対象となります。
① 離職等により経済的に困窮し、住居喪失者又は住居喪失のおそれがある
② 申請日において、65歳未満であって、かつ、離職等の日から2年以内である
③ 離職前に、主たる生計維持者であった(離職前には主たる生計維持者ではなかった
  が、その後離婚等により、申請時には主たる生計維持者となっている場合も含む。)
④ 申請日の属する月の、申請者及び申請者と同一の世帯に属する者の収入の合計額が
  次の表の金額以下である。(収入には、公的給付を含む)

 世帯人数 基準額  収入基準額 
 1人  81,000 円  基準額(左記)+家賃額
ただし、家賃額は、単身世帯は30,000円、
2人世帯は36,000円、
3人~5人世帯は39,000円、6人世帯は42,000円、
7人以上世帯は47,000円が上限となります。
 2人  124,000 円
 3人  159,000 円
 4人  197,000 円
 5人  235,000 円
 6人  265,000 円
 7人  310,000 円

⑤ 申請日において、申請者及び申請者と同一の世帯に属する者の預貯金の合計額が
  次の表の金額以下であること

世帯人数  金融資産 
1人  486,000 円            
2人  744,000 円            
3人  954,000 円            
4人              1,000,000 円            

⑥ ハローワークに求職の申込みをし、誠実かつ熱心に常用就職を目指した求職活動を
  行うこと
⑦ 国の雇用施策による貸付(職業訓練受講給付金)及び地方自治体等が実施する類似の
  給付等を、申請者及び申請者と同一の世帯に属する者が受けていないこと
⑧ 申請者及び申請者と同一の世帯に属する者のいずれもが暴力団員でないこと


詳しくは、岩見沢市生活サポートセンターりんくまで、お問い合わせ下さい。